聖剣LOM17周年と思い出

聖剣LOM17周年おめでとうございます。


当時の思い出を。

1999年7月15日。発売日にファミマで購入。聖剣2、聖剣3ともまた違うなーと感じつつも友達や兄弟で楽しんでやってました。すぐにクリアできてしまうゲームなので、友達のなかでもクリア後も遊んでいる人と、数日でクリアして次のゲームにいってる人がいました。私の場合、武器改造ができるようになって攻撃力が100を超えた武器でラスボスに特大必殺かましたらすぐに沈みましたのでよっわー!ってなりました。ただイベントを全部みていないのでもう少しやってみるかという気持ちでした。ティアストーン編も1周目は最後までいけなかったです。
同年9月になるとアルティマニアが発売されました。当時オープンしたてのショッピングモールの本屋でみたときは、なんて分厚い攻略本なんだ、という印象でした。ぱらぱらめくってみると知らないイベントの攻略について書かれていました。キーマってボスがいるのかーとか思いながらみてましたね。あと武器改造について詳しく書かれていました。これはすごい!と思いました。この攻略本ほしいなあと思いましたが値段が1600円と高価だったのであきらめました。数日後、友達がアルティマニアを持ってきやがりました。はえーと思いながら一緒に武器改造をやろうということに。
ただこれがまったくわからない。当時中学生の私たちにはチンプンカンプンな内容でした。かろうじて、属性のある副原料で武器を鍛えれば攻撃力が上がる、ということは理解できました。それまで私は鋭い爪とかハサミとか、仕上げ材料だけで鍛えていたのでこれだけでも目から鱗でした。ただ、属性を上げた武器を対戦で使うとやけに弱い印象がありました。全然ダメージ減らない。対戦でなくても普通の敵なのにやけに硬いなーということが出てきました。武器のステータス画面を眺めて、属性か、とやんわり感じました。そんなこんなで色々あって、もっと詳しく知りたいなという気持ちになって、友達のアルティマニアから数か月も待たずに私もアルティマニアを購入しました。

2000年ごろ、学校でパソコンを使った授業がありました。このときはじめてインターネットを使いました。当時はほとんどの家庭にパソコンが普及していない時期だったと思います。私のまわりでパソコンを使っている友達はいませんでした。AND検索などの仕方を授業でうけて、「聖剣伝説レジェンドオブマナ」を検索しました。そのときにみつけたサイトが「作成小屋(乱れ雪月花の間)」と「M.T.R.聖剣伝説 LEGEND OF MANA」でした。
このサイト、とりわけMTRの内容をみたときには胸がふるえましたね。攻撃力4桁を超えた武器の作成法がすでに存在していました。こんなことができるのかと。攻撃力100程度で満足していた自分はなんだったのかという気持ちになりました。ただ、サイトの武器改造の解説については、あいかわらず内容が理解できませんでした。サイトをみることができるのは授業中だけだし印刷の仕方も知らなかったので、家に帰ってからはとりあえずアルティマニア片手にがむしゃらに改造しました。それでもアダマンタイトで攻撃力300から400程度で止まってしまったわけですが。

つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

Author:サブリナ
リンクフリーです。特に連絡いりません。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ